おみくじとは?

おみくじの歴史は平安時代から、現在では全国の神社仏閣が個性的なおみくじを作り、さまざまな種類で楽しむことができます。

おみくじについてどんな意味があるのか、また悪い結果のおみくじに出会ったときの考え方についてもお話ししていきます。

おみくじの由来

おみくじの語源は、くじ引きの「くじ」にあるとされています。この「くじ」に尊敬の意味をこめた「み」を頭につけ「みくじ」から現在の「おみくじ」に変化していきました。

現在は神社や仏閣で個人の運勢(吉凶)を占うものとして親しまれています。

おみくじ歴史

古代の日本において、国の政治や重要事項を決定するときに神の意志を聞くことに「くじ」を使った占いをしていました。これが一説では今のおみくじのルーツとなっているようです。

現在のような神社などでひくおみくじは、比叡山の元三大師堂は「おみくじ」発祥の地と言われ平安時代に良源という天台宗の僧侶が創始者であるのではないかと言われています。その後、江戸時代には現在のかたちのように庶民に広く広まっていきました。

現在では全国の神社仏閣が個性的なおみくじを作り、さまざまな種類で楽しむことができます。

おみくじについてよくある疑問

おみくじをひくタイミングは?

おみくじをひくタイミングは諸説ありますが、いつひいてもよいとされています。ただし順序としては先に神仏仏閣に参拝を行いその後がよいそうです。

おみくじは何回ひいてもよいの?

1日におみくじを何度もひいてもよいのか?という疑問が浮かぶこともあります。そもそもおみくじとは占いの一種であり、物事のスタートや決断にまようときに先に神様にお導きを得て、その後精進していくというものです。

そう考えるとおみくじをひき、出たものについて納得できないから何度もひくということはあまりよい行いとはいえないでしょう。おみくじは当たり、外れのくじとは異なります。そのときひいたおみくじに書かれているものを参考にしこれからの生活のヒントにするとよいでしょう。

また1日に違う神社仏閣をめぐるときには、様々なおみくじがありそれを楽しむためにひくことは悪いこととはされていません。ただし、ひいたおみくじを大切にし、粗末に扱うことはやめて真摯に受け止めてみましょう。

よいおみくじは持ち帰って良い?

おみくじは持ち帰ることもよいです。吉凶の内容だけではなく書かれた内容を繰り返し読み、日々の糧にしたい場合はぜひ持ち帰りましょう。

ただ大切に保管できない場合は、備えられているひいたおみくじを奉納できるところに入れましょう。江戸時代からひいたおみくじを木の枝に結びつける習慣がありますが、現在は木や自然物の保全のため木ではなく、参拝者がおみくじを結ぶための専用のみくじ掛があります。その神社仏閣ごとのルールに従い正しく奉納しましょう。

おみくじにまつわるトリビア

実はおみくじの生産の多くは山口県にある二所山田神社(にしょやまだじんじゃ)の社家が運営する有限会社で作られているようです。明治38年(1905年)当時、二所山田神社21代目宮司である・宮本重胤が、男性のみがつくことがゆるされていた神職に女性も登用すべきだと訴えて大日本敬神婦人会を設立しました。この運動や機関誌「女子道」を発行する資金を捻出するべく考え出されたのが現在のおみくじだと言われています。

当時は、大きな神社が作る木版のおみくじしかなかったため、紙で小さく印刷され「吉凶」を占う現在の神社のおみくじの原型が幅広く受け入れられたそうです。

いまは印刷技術も進化し、日本全国の各神社仏閣がオリジナルのおみくじを作っているところも多いのですが、もともとは新しい女性の道を切り開くために生まれたアイディアというところにも勇気をもらえますね。

おみくじはヒントに

ひいたおみくじによっては、がっかりしてしまう内容のものもあるでしょう。私も「大凶」をひいたことがあり、そのときはショックでした。

ですが、考えようによってはその時の状況で、「大凶」。これ以上悪くなることはなく、これから良い方向に向かうということなんだ、と思ったのです。(実際その日は、同棲する人と部屋の内覧の予定だったのですがすっぽかされた日でどん底のため、大凶で間違いなく、それ以降はどんどんよくなりました)

また吉凶が「大凶」でも書かれていた内容をよく読むと前向きになれるもので、大切に持ち帰り繰り返し読んでいました。

おみくじに書かれている内容をどう捉えて、その先の未来をどう作るかは人それぞれ異なります。またすべてを受け入れる必要はないと思っています。自分自身に必要なことを受け入れ、おみくじは良きヒントに。

実は、このサイトでもおみくじをひけるようにしたいと思っています。ぜひ楽しみに待っていてくださいね。

Follow me!

前の記事

天赦日とは?