大安とは?

「大安」とは、六曜(六輝)という時間帯の吉凶を表す暦の一つで、江戸時代から信仰が深まり、これまで大切にされてきました。

大安とは?

 今でもカレンダーや手帳に記載されていたり、結婚式やお祝いごとの日柄に選ばれやすい「大安」。縁起がいい日という印象がありますが、一体「大安」にはどんな意味があるのでしょうか?由来や歴史から紐解いていきましょう。

大安は六曜のひとつ

「大安」とは、六曜(六輝)という暦のひとつです。この六曜(六輝)はその名の通り、6種類あり「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」です。

これらは1日の中で、どの時間帯が吉にあたるか、また凶になるのか、時間の吉凶を表すものとして信じられてきました。→参照:六曜とは?

この六曜の中で「大安」とは<大いに安し>と書くように朝から晩まで、その日1日中ずっと「吉」であり、お祝い事などをとり行うとよい日とされています。

時間帯を選ばすに物事をすすめられるため、結婚式などのお祝いごとや家を建てるときの地鎮祭や上棟式、またお店の開店などにこの「大安」の日を選ぶ文化がうまれました。

大安の歴史

 現代で暦のなかでも1番といってもいいほど知名度が高い六曜。六曜という言葉や定義は知らなくても「大安」と「仏滅」は知っているという人も多いのではないでしょうか?

しかしこの六曜はこれまでの歴史上、公認された暦には一度も載ったことがなく、明治の半ばごろから爆発的に流行し始めた比較的新しい文化です。

実は庶民に暦が行き渡り、日常に文化として旧暦が使われていた江戸時代などではあまり参考にされていない暦のひとつでした。
その理由として大きいのが、六曜が一定の規則性に基づき、誰でも簡単にはじき出せるものだったから。今でこそ、六曜に規則性はないものと感じられますが実はこれを旧暦にならすと先勝 → 友引 → 先負 → 仏滅 → 大安→ 赤口とただ順番にめぐっているものなのです。

この六曜のルーツと思われるものは中国の小六壬とうもので奈良時代に暦と共にはいってきました。 渡来した当初の「小六壬」は、「大安(たいあん) 」「留連(「りゅうれん)」「 速喜(そっき) 」「赤ロ (「しゃっく)」「小吉 (「しょうきち)」「空亡 (くうもう)」といったものでたが、これを江戸時代に名前や順序を変えて、現在あるような「六曜」がつくられたそうです。

いつから大安にお祝いごとを?

ではいつからこの「大安」にお祝い事をしたりする文化が生まれたのでしょうか。

明治時代に旧暦から現在使われているグレオリオ暦へ改暦以後、一時吉凶が書かれた暦注は迷信であるとして政府に禁止されましたが唯一六曜だけが一部残されました。禁止されたことが逆に六曜の人気を高めることになり、第二次世界大戦後に爆発的流行に至ったようです。実は「大安」などの六曜を信仰することは比較的新しい文化なのです。

大安を信じる?信じない?

六曜が暦の世界では歴史が浅く、また正確な論述データも残されていないことから「大安」をはじめ六曜は信じられないという人もいます。たしかに他の暦と合わせてお日柄をみるときには優先順位をさげて考えてもいいかもしれません。

ただこれはあくまでも捉え方のひとつですが、いまなお手帳やカレンダーに六曜が記載されていることもあり、多くの人が見たり確認することができるもの。それを見たり知ることにより気分がよくなることができたり、相性が合うと体感ができるのであれば信じてみてもいいのではないでしょうか。実際「大安吉日」という表示をみるとなんだか気分がうきっとすることも事実だと思います。暦を使い、よりよい毎日をお過ごしくださいね。

Follow me!

前の記事

立夏(りっか)

次の記事

小満(しょうまん)